<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近印象に残った出来事。

5/9
正月以来の帰郷。Heavysickを借り切っての893(バンド名)のイベントに野島ちゃんとカチコミにいこうと企む。我が家で母のクローゼットを荒らし、野島ちゃんはいつものスラックス、私は腹巻きに白いジャケットをチョイス。野島ちゃんが、自分の眉毛をファンデーションで消して、細いにせもの眉毛を描いて、なんだかピエロみたいだと笑いながら、口も赤い口紅を一回り大きく塗ってピエロメイクにしたらどうしようもなく変でお腹を抱えて笑った。野島チャンは「こんな王道なピエロに笑わされるなんて!!!!」と悔しがっていたが、どうみても邪道なピエロだった。
うちあげの太陽飯店。この店でだらだらしていると、それはあまりにも日常で、日常である。もしかすると、これがもう日常になることはないのかも。

5/15
893クルーの中心人物ホリム・ベイ氏が、実は今道内に居るのだけど一度も会う機会なく時が過ぎていた。ホリム氏と電話をしていて、いやぁなかなか会えないねと話すと、「じゃ、明日の夜いくよ!」と旭川にきてくれた。しきりに「久しぶりの都会だ−!」と感嘆していたホリム氏だが、「このストリート感!」と何よりも興奮していたのが、3条15丁目あたりの飲み屋街。たしかに。ここはサンロクという旭川のメイン通りからあぶれた人たちのたまり場なのだそう。見渡せばたしかにガムテープで補修されたガラス窓や、ニュー銀座なる市場、タイでよくみかけるようなガラス張りの肉屋、路上にはおもむろに簡易テーブルとビールケース。ストリート欠乏症にはたまらない景色であることにはまちがいない。

5/16
時代屋なる凄まじい古道具屋がある。昨夜ホリム氏を時代屋に案内した際、スーパーカブが置かれていたのをみつけ、「いくらだろう」と話していた。翌朝カズマサ氏が電話をすると「2万五千円で手に入れたから2万五千円でいいよ!!!!」とまさかの破格であった。さっそく買いにいくと、小柄でまあるいおじちゃんが出迎えてくれた。「俺、もう帰るとこなんだ!とりあえずのってみろ!」エンジンをかけるとおじちゃんが目をまるくした。「またぁ!エンジンついたのかい!?信じられん!!」お金を受け取ると、「いやぁ今日はけっこう儲かったな。しっかしエンジンかかったとは驚いた。まさかだね。じゃ、帰るからな。エンジンとまったらひいて歩いけなー」


5/20
ニュールーツのパーティー「lightning flash」を終えて地上に出ると、霧が出ていた。コンビニすらも頼りなく色を失うしろいしろい夜が稀にある。一度家に到着してから思い直し、石狩川へ。ごうごうと蠢く黒い川から立ち上り立ちこめる白い霧。なぜか海の生臭さで満ちていた。

5/25
今住んでいるのは、護国神社とかつては第七師団と呼ばれた自衛隊の駐屯地のふもと。辺りはまだうっすらと赤線地帯の名残の残っている。夜が更けるとエコーを効かせた歌声が、コーランのように響いてきて無駄に神聖な気持ちにさせられる。この一角にひときわ怪しい「アジア会館」という色あせたホールがあってずっと気になっていた。人気はほとんどない。ただ一階に「ゆきちゃん寿司」というのれんが掛かっていてそこは営業しているようだった。昨日、ワークショップ後にカズマサが「ラーメンとワサビ巻きが美味しい寿司屋があるから行こう」というので、みんなで付いていったら「ゆきちゃん寿司」だった。店内はごちゃごちゃしているがよくみると塵一つ落ちていない手の行き届いた空間。鋭い眼をしたマスターが、カウンターからじっとこちらを見ている。そして私たちがワサビ巻きを口に含みむせかえる度、にやっと笑うのが印象的だった。やはり何かある。アジア会館。
[PR]
by flatrip | 2010-05-25 21:35
a0028444_17163264.jpg


a0028444_17163286.jpg


a0028444_17163232.jpg


a0028444_17163226.jpg


a0028444_17163271.jpg

[PR]
a0028444_12322711.jpg

家に帰ったら バナナの皮が干してあった!
これは、あの日のものだわあ→
ちゅうおうぶんりたいサミット
[PR]
by flatrip | 2010-05-08 12:32